GoogleとYahoo!どっちに広告を出した方がいい?

Web広告
この記事は約3分で読めます。

結論から言うと、どちらも出した方がいいです。

日本人はYahoo!大好きです。

ニュースといえばYahoo!ニュース。圧倒的なシェアです。

特にBtoBをやっていらっしゃる方はYahoo!は欠かせないです。

会社で休み時間に見るといえばYahoo!ニュースを見る方が多いですからね。

2021年 モバイルニュースアプリ市場動向調査
2021年 モバイルニュースアプリ市場動向調査

ニュースアプリで2021年は”Yahoo!ニュースが63.5%で1位”みたいです。

もう圧倒的にYahoo!ニュース見ています。

Yahoo!を知らない日本人はいないんじゃ無いかと言うくらい浸透しています。

「Yahoo!なんて使っている人いないでしょ」みたいな人たまにいますがそんなことはないです。

じゃあYahoo!にだけ広告出せばいいの?

というとそう言うわけではありません。

ブラウザのシェアでいうと圧倒的にChromeなんです。

(ChromeというのはGoogleが開発しているブラウザです)

ソフトウェアテスト・第三者検証ならウェブレッジ
ウェブレッジはソフトウェアに関する第三者検証サービスを提供しております。ソフトウェアテスト支援、UX改善、テスト自動化、セキュリティ(脆弱性)テストなど上流工程から下流工程まで様々な品質向上支援のメニューを揃えております。
Chromeかそれ以外かというくらい日本ではChromeが浸透しています。

Chromeで検索をする人はGoogleの検索窓ではなく画面上にあるURLが書いてあるところに文字を打って検索をかけます。

そうすると検索結果はGoogleの検索結果が出てきます。

Chromeでサイトを見ている人はGoogleで検索をしている可能性が非常に高いんですよね。

大雑把にいうと

・普段はYahoo!ニュース(Yahoo!トップページを含む)を見ている。トップページに設定している。

・検索かけたくなったらそのままYahoo!で検索かける。

・サイトを見る。

・URLが打ってあるところで検索をかける。結果Google検索に

という方が非常に多いと思います。

つまりはほとんどのユーザーは自分がYahoo!で検索をしているのか

Googleで検索をしているかなんて意識していないはずなんですよ。

何かを検索かけるときに「Googleで検索しよう」「Yahoo!で検索しよう」って思う人って実はレアです。

だって検索結果は一緒ですからね(検索結果はその人の検索履歴で微妙に異なるので正確にいうとYahoo!とGoogleで検索結果は異なってきますが誤差の範囲です)

だから結論でも言った通り広告を出すならYahoo!もGoogleもどちらも出した方がいいんです。

ただ予算の関係でどっちかしか出せない。

あるいは初めてのWeb広告はどっちから?

というなら

Google広告がおすすめです。

Google検索とYahoo!検索のシェアを見てみるとGoogleが強いです。

1nkn1.comではGoogle広告もYahoo!広告も月々13,000円から出すことができます。

お問い合わせだけでもお気軽に。

タイトルとURLをコピーしました